忍者ブログ
  • 2018.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/10/22 21:13 】 |
2万人の企業がOfficeの互換性検証にかかるコストは3億円は、これからもアリ?
"まあ、世の中の移り変わりはどうなるの?
笑ってもらえるか、起こられるか、無視されるか・・・
テクノロジーに関連して、2万人の企業がOfficeの互換性検証にかかるコストは3億円は、これからもアリ?について調べてみました。

*2万人の企業がOfficeの互換性検証にかかるコストは3億円
3月29日19時46分配信 @IT

マイクロソフトは3月29日、報道関係者向けの説明会を実施。2010年5月に米国でローンチ予定のOffice製品最新版「Microsoft Office 2010シリーズ」に向けて、同シリーズへの入れ替えサポートなど、各種導入支援策として「企業向けOffice 2010導入支援策」と「Business Contact Manager」(BCM)の説明を行った。

●Office 2010シリーズへのバージョンアップには3つの課題がある

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100329-00000000-zdn_ait-sci

*さぁ、明日もがんばろう。
こんな感じですかね。
明日もいい日でありますように。


中古車 下取り 見積り
四駆 買取り 金額
事故車 買取り 査定 登録
"
PR
【2010/03/29 22:41 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<[経営戦略]ソフトバンクMとオリックス、ショップでカーシェアリングの受付開始、4月1日からと同じようなこと、聞いたことありますか? | ホーム | アップル、3万冊の電子ブックを無料提供へは、これからもアリ?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>